紅葉

a0079719_1030463.jpg

こんにちは、O次郎です。

日に日に寒さがきびしくなるにつれ、
裏山の樹木が彩りの鮮やかさを増すようです。


突然ですが
気温が下がって葉緑素が減ってしまったために、
今まで目立たなかったカロチノイドという
黄色い色素が浮き出したのが、黄葉

一方紅葉は、葉に残った糖分が使われて
アントシアニンという赤い色素が細胞内に広がることで色づきます。
しかし、それがどんなふうに生成されるのかは
明らかになっていません。

秋の豆知識でした(笑)。
[PR]
by ishisoup | 2007-12-04 11:04 | 四季折々
<< 試練のとき 夕日の落下速度について >>