P子のキムチ奮闘記

昨年末、我が家の玄関先にうず高く積まれた白菜の山。
ご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。

年明けに一大決心。キムチを漬けるぞ!
今回はこちらのHPを参考にさせていただきました。
男の趣肴←とても丁寧な説明で分かりやすいです。

1日目。
白菜を2-4つに割いて、少し干してから、塩漬けします。
今回は13玉使用。
a0079719_15552072.jpg












2日目。
白菜を洗い、5時間水気を切ります。
その後、間にはさむキムチヤンニョムを用意。
ボウル(洗面器?)いっぱい、2杯作りました。
中身は、唐辛子・白玉粉・だし・大根・ニンジン・にら・ねぎ・にんにく・
しょうが・生牡蠣など。

a0079719_17414611.jpg












3日目。
白菜の白い部分に前日作ったキムチヤンニョムをはさんで、
樽に入れていきます。
そして待つこと1週間。
a0079719_18332727.jpg












熟成された香りをまとったキムチの出来上がり!
さて、お味は・・・?

「ちょっと塩気が足りない。あっさりしすぎ?」

それでも愛しい手作りキムチ。
方々にお声をかけて、もらっていただくことに。
(ご協力ありがとうございます)

お隣の韓国ではキムチ休暇やら、キムチボーナスまであるそうですが
そんな優雅なこととは無縁で、子供が寝静まってからトントンと野菜を刻み、
延々ミルサーをまわし、黙々と樽詰めした3日間でした。
[PR]
by ishisoup | 2007-01-26 07:30 | 料理
<< ミス茨城? 昨日の雲 >>