古帛紗にチャレンジ!

こんにちは、P子です。

・・・O次郎さんはもう着地したでしょうか?
一緒に暮らしていても、なかなか改まってお互いの考え方を伝えることって
少ないだけに、今回のインタビュー記事、実はわたしも楽しみにしています。

突然ですが、今日は古帛紗を作ってみました。
茶道で用いるものですが、よくギャラリーなんかでお茶碗をその上に載せていたりする、
あれです。

a0079719_11482344.jpg










いつかは、いろんな布アイテムを作れるようになりたいと思いつつ、なかなか
第一歩が踏み出せなかった去年。

かばん作家の友人と交友復活したことにも触発され、
今年こそは!と唐突にはじめてみました。

作ってみると、案外簡単でびっくり。(ちょっとゆがんでいるけど)
中表に縫って、最後に縫い目をゆるめてひっくり返すのですが、
ちょっとした縫合手術のようです。

布は、先日アンティークの丸帯を名古屋帯に仕立て直した際、半分が
余ったので、それを使いました。

a0079719_1148556.jpg

← 敬愛する作家、小山義則氏の引き出し黒を載せてみました








いつかはやってみたい、でも難しそう・・・
そう思って自分から遠ざけていることって結構あるけど、
何かを難しくしてしまうのは、実は自分の中の先入観なのかもしれません。
って、古帛紗ひとつでちょっぴりえらそうで恐縮。(汗)

陶炎祭までにお仕覆がつくれるようになるといいな。
[PR]
by ishisoup | 2007-01-10 11:45 | きもの
<< 朝っぱらから、ぜんざい 地に足が着いてません・・・ >>