化粧がけは風の無い日に・・・

P子です。こんばんは。

あれよあれよという間にもう10月も下旬!
そういえば、大壺の化粧がけがまだだ!
県展に間に合わない!!ということで
この雨空の下、無理矢理化粧がけを決行することに。


重量が20キロ以上あるので、O次郎とP子の共同作業です。
まずは口を下にしてたらいの化粧土に伏せ、次にバケツに乗せて、
ひしゃくでバシャッバシャッと勢いよく浴びせていきました。
こういうテキトーなのは得意です。

a0079719_21454269.jpg






























夜、改めて見て、このまま仕上がりだったら
このしっとり感がいいのに・・・なんて一人悦に入ってたら、んん?!
口元に何か違和感が・・・あぁっ!蚊だ!う、動かないで!

a0079719_21435029.jpg














虫もだけど、屋外の作業ではこの時期『落ち葉』も怖いです。

ついついつまみたくなるんですけど・・・
ここで下手にさわると、虫は足跡つけて逃げるわ、指跡は付くわ・・・
で、怒りの矛先の向けようがないので、我慢!

そっと飛んでね♪
[PR]
# by ishisoup | 2006-10-23 21:59 | やきもの

ここからここまで

P子です。こんばんは。

ご近所のおじさんから、山ほどとれとれのほうれん草をいただいたので、
急遽今夜のメニューは常夜鍋となりました。


a0079719_23221746.jpg













いや、食った食った。
口がシカシカするほどいただきました。
それでも、減ったのはこの写真のほんの1/10ほど。
明日から、ひたすら毎日ありがたくいただくのみです。

よく雑誌などで、『田舎暮らしをはじめるコツ』や
『定年後田舎で暮らすための10箇条』なんかがありますよね。
その末尾にこれを挙げたい!

『野菜メニューのバリエーションを持つこと!』

我々が住んでいるのは関東の僻地です。
周りには、趣味と実益を兼ねて農業にいそしんでいらっしゃる方も多い。
いきおい、頂き物も増えるわけで。

「採りにおいで」といわれて畑へ行きます。
いそいそ出かけて、夕食分くらいを採ると・・・
「なんでそれしか採らねーんだ。こっからここまで持ってけ!」
って、一畝(6mくらい)あるんですけど・・・

そりゃー、旬の新鮮なお野菜がいただけるのは、
なんと言ってもありがたい。
けど、一気にそんなにいただいても・・・ということも多いんですよ。
でもせっかくの天の恵み。無駄にしないよう、
レパートリーは多いに越したことはありません。

晴耕雨読ならぬ半農半陶って以前はあこがれたけど、
夢でも野菜に追いかけられそうな今日この頃です。

ということで、ほうれん草のおすすめメニュー、募集します!
[PR]
# by ishisoup | 2006-10-22 23:47 | 料理

「匠の祭り」 出店場所決定!


再び、O次郎です。こんばんは。

今日、11/2から行われる「匠の祭り」の
出店場所抽選会がありました。

『No,40  大野佳典・香織』

えー、結果から申しますと・・・非常にやばいです。
俗に「内周」と呼ばれる人通りの少ないと思われる場所に決まりました。
「場所なんて、作品に魅力があれば関係ないでしょう?」
そんな指摘は、あまりにストレートすぎるのでやめてください。

この試練に立ち向かうためには、皆さんの力が必要です。
他力本願とも言います。

ということで、O次郎は11/5の最終日にしか行けませんが、
悪しきくじ運の責任をとってP子が連日お抹茶を点てて
お待ちしております。
皆様お誘い合わせの上、お越しください。

ありがとうございました。
[PR]
# by ishisoup | 2006-10-19 22:10 | やきもの

夕食GET?

こんばんは、O次郎です。
林の中でこんなの見つけました。

a0079719_1931147.jpg















宮崎アニメだったら「カタカタカタ・・・」なんて音がして、
首を左右に振りそうですね。

きのこ図鑑で調べると、『シロオオハツタケ』というやつに
酷似しているようです。
でも、きのこって素人はよく間違うんだよね。

つい先日も、美味しそうだなと採ってきたら
普通に毒きのこ(テングタケ)でした。

とりあえず、「今日は食べないでおいてやろう」と思う
慈悲深い僕でした。
[PR]
# by ishisoup | 2006-10-19 20:39 | 四季折々

コガタスズメバチと共生中

P子です。

突然ですが、スズメバチの巣を
見たことありますか?

作り始めはこんなです。本日撮影。

a0079719_21401957.jpg












これ、家の窓からほんの1Mのところに
あるんです。
自治体によっては、駆除してくれるそうですね。

ちなみに、わたしの住む市に聞いてみたところ、
”駆除に必要な防護服をお貸しします(自分でやってね)”
ということでした。
この差は、財政状況の差でしょうか?!
それとも、このあたりでは件数が多すぎるから?!
(おそらく両方です)

ネットによると、女王蜂以外は越冬しないとか。
冬のあいだに何とかしようと思案中です。
[PR]
# by ishisoup | 2006-10-18 21:40 | 四季折々